税理士の転職、志望動機の書き方は?

税理士の転職においては志望動機は重要な位置を占めます。

会計事務所には数多くの所員が在籍をしている企業が少なく、多くは小規模での業務形態となっています。そのために、面接いおいては直接所長が対応することもあり、この場合には志望動機の確認をされる場合が多くあります。

志望動機の書き方のポイントとしては、まず、転職をした場合に達成をしたい内容に関して明確に記載をしておく必要があります。ここでは、転職先として選んだ理由や、就業ができた場合にどのようなことを目標としているのかに関して明確にしておくことが大切になります。次に、希望する会計事務所の内容に沿った文書をつくることがあります。

多くの会計事務所ではホームページを設けている場合が多く、ここではどのようなサービスに特徴があるのかなどに関して把握をしておく必要があり、志望動機にはその内容に対してどのようなアプローチを行うことができるのかなどに関して記載をすることが必要となります。相手先の内容を確認しないままに一般的な内容に関しての記載をするだけではインパクトも弱いものとなり、結果としては相手の印象に残らないものとなってしまいます。

3つ目としては、これまでの経験や実績などに関して具体的に記載をすることが大切なことになります。転職に関しては会計事務所側としても、求職者が業務に対してどの程度のスキルをもっているのか見極める必要があり、そのために、業務に携わった内容等を分かりやすく記載しておくことが必要になります。また、記載をしておくことで実際の面接においても話が進むことになり、好印象を相手に与えることができます。

会計事務所の転職に関しては、特徴として書類選考から内定までが短いことがあり、そのために、志望動機の作成に関してはポイントを押さえた上で行うことが重要になります。また、あまり長い文章などでは相手にしっかりと読まれない可能性もあるために注意が必要になります。