税理士が転職に成功するポイント

一昔前までは税理士と言うと、親の事務所を継ぐために資格を取得したとか、高額の料金を支払って資格自体を買ったなど、一握りのごく少数の人にしか馴染みのないものでした。しかし最近は税理士人口も大幅に増加して、顧客争奪競争が激化しています。その結果、苦労して取得しても顧客がゼロという税理士も少なくありません。しかし、税務・会計のプロを自社に向かい入れることで、経理マンの育成費を大幅に削減したいと考える企業が多いことも事実です。

そのため税理士が転職する際は、自分の意志も重要ですが、自分が求められている職業をしっかりと見極めて活動を行うことが非常に重要です。その際に専門のエージェントに依頼すると、成功の確率が高くなることも考慮しておくと便利です。

例えば転職先を公務員などの安定した職業に限定した場合は、国税庁はまさに天職と言えます。確かに税理士は、企業の税務・会計をサポートして正確な税務申告を行う企業側の税務の専門家です。しかし国税庁はその逆で、申告した企業がしっかりと税法に基づいて税金を納めているかをチェックする機関です。弁護士が検事になることに似てはいますが、税務に精通した税理士であれば、より公正かつ正確な税務申告を行うことことで、国にとっても企業にとってもその社会的意義を指導することが出来ます。

また、一般の企業に転職を考える場合は、自分が転職をする意味をしっかりと把握しなければ成功はありえません。年収をアップさせたいのであれば、大手の税理士法人や監査法人に就職すると良いでしょう。税務・会計以外に加えてM&Aや企業上場の手助けをしたいと考えるのであれば、投資銀行の就職や米国公認会計士の資格の取得など、さまざまな道があります。最近は円安の影響から、日本にとっては海外企業を買収しやすい環境が整っていますので、投資銀行は狙い目です。その際は当然、語学取得という新たなスキルも要求されることになります。