税理士が大手企業に転職する方法

税理士が大手企業に転職するためには、どういったノウハウが必要か考えてみましょう。転職には、様々なケースがあると思いますが、例えば大学院を出て、一旦、税理士の資格を取るために、税理士事務所に就職して、猛勉強して資格を取得したとします。月次巡回監査や税務調査の立ち合いや、確定申告、法人決算、年末調整などを、一通り経験していれば、大手企業に転職して経理課あたりに配属されても、一般にはですが、税務事務所にいた経験を生かして、うまく仕事ができるでしょう。

尚、商科の大学院を出れば、税理士試験の試験科目である、簿記論、財務諸表論は、免除されるので、受験に有利になるのです。それから、税務事務所の業務経験もなく、企業から企業へ移る税理士はどうかというと、個人差もありますが、税理士の資格を持っているくらいですから、それなりの知識はあるはずです。

しかし、実務となると、年末調整や企業の年度の決算など知識があっても、ひねくれたと言いますか、複雑なと言いますか、そういう知識や理屈だけでは解決できない問題も出てきます。税務事務所で仕事をしていると、いろいろな事業所を回るので中には、「よくもまあ、このような経理で通用してきたな」というような事業所にも出くわします。

俗に言う、いい加減というやつで、記帳が義務づけられている現金出納帳や総勘定元帳さえ、ない事業所もあります。事業所は税務調査でもない限り、毎年、決算しても税務署に提出するのは法人税申告書くらいのものですから、無くても通ってしまうのです。それを、税務事務所の職員は指導していかなければならないので大変です。

えてして、こういう事業所の経営者はおおざっぱで、人の言うことなど聞かない経営者が多く、果ては、事務所と事業所の板挟みになって苦労するのです。心理学でも、勉強しておけば良かったと思えるくらいです職員は、コミュニケーション能力も必要で、時には熱くしゃべりまくる場合もあったりしまので、総合的に見て事務所経験者が有利かと思います。