税理士の転職、年齢は何歳まで可能?

転職において実務経験があるのことが、有利であるのはどの業界も共通ではありますが、いわゆる「士業」においては、有資格者が転職の際に有利なのは言うまでもありません。では、税理士に転職する場合、年齢は何歳まで可能なものなのでしょうか。一般的な企業のサラリーマンでは、経験者と未経験者で各年代において状況が異なります。

例えば、20代では、社会人未経験者でも、転職できる可能性はあります。しかし、会社の中堅層である30代ともなると、部下の育成や、実務経験などを重視する会社も増えるため、異業種間での転職では、ぐっと難易度があがります。一方、経験者であっても、管理職としての機能を求められる40代などでは、そもそも枠が少ないため、非常に狭き門となるのです。しかし、税理士においては、一般企業とは状況が少し異なります。大学の専攻や、新卒で入った会社での業務が全く関係ない部署であった方も、30歳前後で税理士試験に2~3科目合格していて、転職できている方が多くいらっしゃいます。

しかし、40代で資格取得を目指すとかなり状況は厳しくなります。というのも、勉強をする時間を確保しつつ、仕事を続けるとなると、年数にして5年前後かかる方もいるからです。となると、それ以外の能力を買われて採用されるというケースが多くなります。例えば、英語やその他外国語が堪能であるとか、経理以外人事や営業の知識が豊富であるなど、マルチな才能を買われての採用などです。

一般的な税理士として、事務所に就職すると考えると、やはり、35歳以上では各段に採用条件が厳しくなるのが現状のようです。また、他の資格が短期集中で、取得が可能なのに対し、税理士試験は、コツコツ毎日勉強し、地道な資格取得が数年続くのが現状です。20代の時と異なり、体力気力そして、家族の同意が不可欠です。

こうした背景から30代以降で税理士を志す方々は、残念ながらあきらめていく方が多いのです。様々な、要因を考えれば、やはり30前後に決意を固めたほうが有利ではありますが、税理士という職の素晴らしい点は、定年退職はないのです。何歳でも何年でも、業務を続けることは可能なのです。年齢の壁に負けず、果敢にチャレンジし、晴れて税理士となれるよう頑張りましょう!