税理士事務所から一般企業に転職する方法は?

税理士の資格を活かして一般企業で働こうと考えている人は、決して少なくはないと思います。そもそも、税理士の就職、転職先は会計事務所だけでなく、一般の企業の財務や経理部門というような場所でも税理士の資格を活かすことが出来ます。また、会計事務所はあくまで税務が中心ですが、企業では財政管理や経営企画など、会計事務所では出来ない職務も任されます。また、一般企業では通常の給与に加えて「資格手当」や「役職手当」などの手当があるため、税理士としてもっと色々なことに挑戦していきたいと思っている人は、ぜひ一般の企業への転職を考えることをおすすめします。

さて、税理士の資格を持っている人が会計事務所から一般企業へ転職するには、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。最も手っ取り早い方法は、転職支援を専門に行なっている業者に相談を持ちかけることです。自分で企業の経理部門の求人に応募したり、民間のハローワークを使って求人を探すのことも出来ますが、どちらもなかなか転職に結びつかない場合が多く、思わぬトラブルに巻き込まれることも考えられます。自己流の履歴書と面接を貫き通し、何十社も落ち続けてしまう、というようなことも十分に考えられます。お金はかかるものの、自分の人生を変える一大イベントであるため、思い切ってプロに依頼してしまった方が確実です。

プロに依頼する際も、税理士の転職に強い業者に依頼するようにしましょう。会計業界に特化した人材サービスを利用することで、多くの求人の中から自分に最も合った企業を見つけることが出来ます。中には、自分が予想もしていなかった仕事に出会える可能性もあります。また、このような業者は多くの税理士を支援してきており、税理士向けの企業に関しての様々なノウハウを持っています。このような業者に依頼することで、自分の理想の企業に入ることが出来る可能性が高くなるのです。これからの時代を生き抜くためには、必須と言えるでしょう。