税理士が転職に成功するポイント

一昔前までは税理士と言うと、親の事務所を継ぐために資格を取得したとか、高額の料金を支払って資格自体を買ったなど、一握りのごく少数の人にしか馴染みのないものでした。しかし最近は税理士人口も大幅に増加して、顧客争奪競争が激化しています。その結果、苦労して取得しても顧客がゼロという税理士も少なくありません。しかし、税務・会計のプロを自社に向かい入れることで、経理マンの育成費を大幅に削減したいと考える企業が多いことも事実です。

そのため税理士が転職する際は、自分の意志も重要ですが、自分が求められている職業をしっかりと見極めて活動を行うことが非常に重要です。その際に専門のエージェントに依頼すると、成功の確率が高くなることも考慮しておくと便利です。

例えば転職先を公務員などの安定した職業に限定した場合は、国税庁はまさに天職と言えます。確かに税理士は、企業の税務・会計をサポートして正確な税務申告を行う企業側の税務の専門家です。しかし国税庁はその逆で、申告した企業がしっかりと税法に基づいて税金を納めているかをチェックする機関です。弁護士が検事になることに似てはいますが、税務に精通した税理士であれば、より公正かつ正確な税務申告を行うことことで、国にとっても企業にとってもその社会的意義を指導することが出来ます。

また、一般の企業に転職を考える場合は、自分が転職をする意味をしっかりと把握しなければ成功はありえません。年収をアップさせたいのであれば、大手の税理士法人や監査法人に就職すると良いでしょう。税務・会計以外に加えてM&Aや企業上場の手助けをしたいと考えるのであれば、投資銀行の就職や米国公認会計士の資格の取得など、さまざまな道があります。最近は円安の影響から、日本にとっては海外企業を買収しやすい環境が整っていますので、投資銀行は狙い目です。その際は当然、語学取得という新たなスキルも要求されることになります。

税理士が大手企業に転職する方法

税理士が大手企業に転職するためには、どういったノウハウが必要か考えてみましょう。転職には、様々なケースがあると思いますが、例えば大学院を出て、一旦、税理士の資格を取るために、税理士事務所に就職して、猛勉強して資格を取得したとします。月次巡回監査や税務調査の立ち合いや、確定申告、法人決算、年末調整などを、一通り経験していれば、大手企業に転職して経理課あたりに配属されても、一般にはですが、税務事務所にいた経験を生かして、うまく仕事ができるでしょう。

尚、商科の大学院を出れば、税理士試験の試験科目である、簿記論、財務諸表論は、免除されるので、受験に有利になるのです。それから、税務事務所の業務経験もなく、企業から企業へ移る税理士はどうかというと、個人差もありますが、税理士の資格を持っているくらいですから、それなりの知識はあるはずです。

しかし、実務となると、年末調整や企業の年度の決算など知識があっても、ひねくれたと言いますか、複雑なと言いますか、そういう知識や理屈だけでは解決できない問題も出てきます。税務事務所で仕事をしていると、いろいろな事業所を回るので中には、「よくもまあ、このような経理で通用してきたな」というような事業所にも出くわします。

俗に言う、いい加減というやつで、記帳が義務づけられている現金出納帳や総勘定元帳さえ、ない事業所もあります。事業所は税務調査でもない限り、毎年、決算しても税務署に提出するのは法人税申告書くらいのものですから、無くても通ってしまうのです。それを、税務事務所の職員は指導していかなければならないので大変です。

えてして、こういう事業所の経営者はおおざっぱで、人の言うことなど聞かない経営者が多く、果ては、事務所と事業所の板挟みになって苦労するのです。心理学でも、勉強しておけば良かったと思えるくらいです職員は、コミュニケーション能力も必要で、時には熱くしゃべりまくる場合もあったりしまので、総合的に見て事務所経験者が有利かと思います。

税理士が転職して年収アップを目指すには

会計や税務業務において、税理士はそのすべてを単独で行うことを法律で許されてた士業です。しかし最近は、税理士の人数も年々増加の一途をたどっています。その結果、以前のように貴重な存在ではなくなり、税理士の資格を持ってはいるものの、生計を立てられるほどの顧客を有していない人も増えています。そのため、個人事務所等の経営ではなく、一般の企業に転職するということも考慮しなければならない時代となっています。

とはいえ一般企業では、経理や財務に精通した人材を育てるためには一定の時間と費用を要します。そのため、税理士の資格を有している人が転職してくれれば、逆に雇用先は比較的多いと言えます。勤務先としては、ありとあらゆる業種が対象と言えます。税務・会計を行わない企業はありませんので、むしろ引く手あまたと言っても良いでしょう。

しかし、転職する企業先は自分が得意な税務科目のキャリアが活かせるところに就職することが重要です。特に法人税や所得税の計算は、企業に決算期において一番大切な税務です。処理能力が速ければ、経営陣の迅速な意思決定に資することにもなります。ちなみに経営者の秘書になりたい人であれば、経営者の側で有用な経営情報を素早く伝えることができますし、非常にやりがいにある業務が待っていると言えます。

また最近は国際的な会計基準の変更が日本国内でも囁かれ始めています。そのため、国内の税法に則した税務・会計業務に加えて、英文会計や米国会計士の資格を取得しておけば、経営の中心で業務を行うことが可能になるのみならず、年収を大幅にアップさせることも可能です。また、海外企業とのやり取りが多い会社での業務であれば、当然ながら英会話等の能力も必要になります。日本では、英語の技能を計る国家試験が多数ありますが、その中でもスピーキングやリスニングを主体とした試験の資格を取得しておくと非常に便利です。その際は、雇用助成金を利用して資格取得をサポートする制度を積極的に利用すると良いでしょう。

未経験から税理士に転職するには

就職するにあたって全く、税務業務が未経験で、一般企業で経理もかじったことがない人は、転職は、きついのではないかと思います。この業界は、聞こえは良さそうですが、そうは甘くないのです。税理士事務所は、給料が安く、これから心機一転して、税理士の資格を取得して、将来、独立するとか、強い野望がないと転職しても続かないかもしれません。

税理士の資格試験は、簿記、財務諸表、所得税、法人税、あと1科目は何でもよく、選択で事業税や固定資産税、相続税などの5科目を取得しなければなりません。一度に5科目取る必要はなく、1年に1科目とか取得していって、何年かかって取得してもかまいません。取得した科目が失効することはありません。事務所での仕事が終われば、自宅に帰って試験の勉強をするくらいでないと、巡回監査なので、企業に行って、社長や経理の人に税務の内容を聞かれても、何も答えることができません。いつまでたっても一人前になれません。事務所に就職する年齢が若ければ、業務が何もわからなくても伝票整理とかの、下積みからするのもいいでしょうが、25歳も過ぎているのであれば給料も安く残業代も出ないような税理士事務所に転職するのは見合わせた方が無難ではないでしょうか。

税理士事務所に、転職できる年齢は、だいたい25歳までと、業界では言われています。税理士の資格を持っているとか、税理士試験の何科目か取っているとかであれば違ってきますが、事務所も個人事業者が多く、先生と呼ばれる事業主は、事務所では神様で絶対的権限を持っていることが多く、事務所の雰囲気もその先生の性格や考え方で大きく変わってくるような業界ですので就活は、就職したい事務所が決まれば、評判や口コミを調べた方が後になって後悔しないで済みます。個人事務所では、税理士は事務所に二人もいらないので、資格があれば、大手の企業の経理とか歩合で給料をくれる合同税理事務所などに就職した方が賢明です。

税理士の転職、年齢は何歳まで可能?

転職において実務経験があるのことが、有利であるのはどの業界も共通ではありますが、いわゆる「士業」においては、有資格者が転職の際に有利なのは言うまでもありません。では、税理士に転職する場合、年齢は何歳まで可能なものなのでしょうか。一般的な企業のサラリーマンでは、経験者と未経験者で各年代において状況が異なります。

例えば、20代では、社会人未経験者でも、転職できる可能性はあります。しかし、会社の中堅層である30代ともなると、部下の育成や、実務経験などを重視する会社も増えるため、異業種間での転職では、ぐっと難易度があがります。一方、経験者であっても、管理職としての機能を求められる40代などでは、そもそも枠が少ないため、非常に狭き門となるのです。しかし、税理士においては、一般企業とは状況が少し異なります。大学の専攻や、新卒で入った会社での業務が全く関係ない部署であった方も、30歳前後で税理士試験に2~3科目合格していて、転職できている方が多くいらっしゃいます。

しかし、40代で資格取得を目指すとかなり状況は厳しくなります。というのも、勉強をする時間を確保しつつ、仕事を続けるとなると、年数にして5年前後かかる方もいるからです。となると、それ以外の能力を買われて採用されるというケースが多くなります。例えば、英語やその他外国語が堪能であるとか、経理以外人事や営業の知識が豊富であるなど、マルチな才能を買われての採用などです。

一般的な税理士として、事務所に就職すると考えると、やはり、35歳以上では各段に採用条件が厳しくなるのが現状のようです。また、他の資格が短期集中で、取得が可能なのに対し、税理士試験は、コツコツ毎日勉強し、地道な資格取得が数年続くのが現状です。20代の時と異なり、体力気力そして、家族の同意が不可欠です。

こうした背景から30代以降で税理士を志す方々は、残念ながらあきらめていく方が多いのです。様々な、要因を考えれば、やはり30前後に決意を固めたほうが有利ではありますが、税理士という職の素晴らしい点は、定年退職はないのです。何歳でも何年でも、業務を続けることは可能なのです。年齢の壁に負けず、果敢にチャレンジし、晴れて税理士となれるよう頑張りましょう!

税理士事務所から一般企業に転職する方法は?

税理士の資格を活かして一般企業で働こうと考えている人は、決して少なくはないと思います。そもそも、税理士の就職、転職先は会計事務所だけでなく、一般の企業の財務や経理部門というような場所でも税理士の資格を活かすことが出来ます。また、会計事務所はあくまで税務が中心ですが、企業では財政管理や経営企画など、会計事務所では出来ない職務も任されます。また、一般企業では通常の給与に加えて「資格手当」や「役職手当」などの手当があるため、税理士としてもっと色々なことに挑戦していきたいと思っている人は、ぜひ一般の企業への転職を考えることをおすすめします。

さて、税理士の資格を持っている人が会計事務所から一般企業へ転職するには、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。最も手っ取り早い方法は、転職支援を専門に行なっている業者に相談を持ちかけることです。自分で企業の経理部門の求人に応募したり、民間のハローワークを使って求人を探すのことも出来ますが、どちらもなかなか転職に結びつかない場合が多く、思わぬトラブルに巻き込まれることも考えられます。自己流の履歴書と面接を貫き通し、何十社も落ち続けてしまう、というようなことも十分に考えられます。お金はかかるものの、自分の人生を変える一大イベントであるため、思い切ってプロに依頼してしまった方が確実です。

プロに依頼する際も、税理士の転職に強い業者に依頼するようにしましょう。会計業界に特化した人材サービスを利用することで、多くの求人の中から自分に最も合った企業を見つけることが出来ます。中には、自分が予想もしていなかった仕事に出会える可能性もあります。また、このような業者は多くの税理士を支援してきており、税理士向けの企業に関しての様々なノウハウを持っています。このような業者に依頼することで、自分の理想の企業に入ることが出来る可能性が高くなるのです。これからの時代を生き抜くためには、必須と言えるでしょう。

サラリーマンが税理士事務所に転職するには?

サラリーマンが、税理士事務所に転職するには、税理士の資格があれば、それは、それで雇入れるかとは思いますが、もったいない気がします。

税理士事務所もピンからキリまであって、合同で税理士が集まって法人化して運営している事務所もあれば、個人で。先生一人に従業員という形の事務所もあります。資格をお持ちでしたら合同事務所みたいな所がいいでしょう。その方が待遇がいいです。世間一般には、個人事務所が多く、同族でやっているとか、何人かの従業員を雇って開業しているのが多いです。資格を持っていなくて、これから勉強して資格を取ろうという人は、税理士事務所は、良い訓練の場所となり、給料が安くても一般企業のサラリーマンから転職して来る方もいます。

税理士の試験は5科目をすべて取得しなければいけないので、かなりの量と範囲を勉強しなければなりません。サラリーマンは、仕事で残業をすれば、ブラック企業でもない限り、やっただけの残業代は出ますが、事務所の場合、例外もありますが、残業代は期待できません。3月の確定申告の時期や5月の法人決算の時期は残業が多く、連日、夜中まで仕事をするなんてこともあるので残業も増えますが、サービス残業になることが多いです。すべての事務所がそうだとは言いませんが、業界では当たり前のことです。転職してから、後悔しても遅いので就活の時、聞いておいた方がいいでしょう。

ここに就職して、仕事には、企業を回ってその企業の税務を見るという巡回監査という業務があります。月次か年次か、それとも半年ごとかは、事務所の経営方針や企業の要望によっても変わりますが、職員の必須業務となります。当然、その企業の経理担当や社長から税務上の質問が出るので、勉強しておかないと答えられません。

ですから、一般企業のサラリーマンのように、仕事が終われば、ちょっと一杯なんてことができず、家へ帰ったら、税務の勉強という日々を送ることになります。そうでなければ、資格を取るために転職した意味がありません。

税理士の転職、志望動機の書き方は?

税理士の転職においては志望動機は重要な位置を占めます。

会計事務所には数多くの所員が在籍をしている企業が少なく、多くは小規模での業務形態となっています。そのために、面接いおいては直接所長が対応することもあり、この場合には志望動機の確認をされる場合が多くあります。

志望動機の書き方のポイントとしては、まず、転職をした場合に達成をしたい内容に関して明確に記載をしておく必要があります。ここでは、転職先として選んだ理由や、就業ができた場合にどのようなことを目標としているのかに関して明確にしておくことが大切になります。次に、希望する会計事務所の内容に沿った文書をつくることがあります。

多くの会計事務所ではホームページを設けている場合が多く、ここではどのようなサービスに特徴があるのかなどに関して把握をしておく必要があり、志望動機にはその内容に対してどのようなアプローチを行うことができるのかなどに関して記載をすることが必要となります。相手先の内容を確認しないままに一般的な内容に関しての記載をするだけではインパクトも弱いものとなり、結果としては相手の印象に残らないものとなってしまいます。

3つ目としては、これまでの経験や実績などに関して具体的に記載をすることが大切なことになります。転職に関しては会計事務所側としても、求職者が業務に対してどの程度のスキルをもっているのか見極める必要があり、そのために、業務に携わった内容等を分かりやすく記載しておくことが必要になります。また、記載をしておくことで実際の面接においても話が進むことになり、好印象を相手に与えることができます。

会計事務所の転職に関しては、特徴として書類選考から内定までが短いことがあり、そのために、志望動機の作成に関してはポイントを押さえた上で行うことが重要になります。また、あまり長い文章などでは相手にしっかりと読まれない可能性もあるために注意が必要になります。